スラムダンクの名言ランキング【前向きになれるセリフ】

スラムダンクの名言 スラムダンク

スポーツ漫画の金字塔ともいえる「スラムダンク」

多くの名言があるスラムダンクから「前向きになれるセリフ」を私の思うランキングトップ5で紹介いたします。

1位 「あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」

安西先生が中学生バスケの神奈川県大会決勝で三井に向けて言った有名なセリフですね!

スラムダンクを代表するの名言の一つですね!

辞めたい・・・

もう無理・・・と思った時に思い出してほしい言葉です!

困難に直面した時に、逃げたり諦めたりせず

最後の最後まで挑戦することの大切さを教えてくれる人生の格言ですね!

2位 「負けたことがあるというのがいつか財産になる」

全国的には無名の湘北にまさかの敗北を期し、呆然とする澤北らに向けて山王工業の監督が言ったセリフです!

人生において、勝ち続けるということはまずありません。必ず負ける時が来ます。

大事なのは、負けた時にそこから何を学ぶかではないでしょうか。

負けて落ち込んだ時、どのようなマインドでいることが大事かを教えてくれる名言だと思います。

3位 「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!!」

168cmとバスケットボールプレイヤーとしては低身長の宮城が、長身の山王工業、澤北と深津から厳しいマークをされ、追い詰められたときに出てきたセリフです!

自分が短所やコンプレックスだと思っていることは、考え方次第で長所にすることができます!

宮城のこの名言は、自分の短所やコンプレックスと向き合い、それを長所に変えることの大切さについて改めて考えさせられます!

4位 「天才ですから」

スラムダンクのラストシーンで桜木が言ったセリフです!

スラムダンクの中で、桜木は何度も自分のことを「天才」と言っています。

バスケ初心者の桜木がたった4か月で全国の強豪選手と渡り合える力をつけられた理由は、このセリフにあると思っています。

自分の思考や話した言葉が行動になり、行動が未来をつくっていくということを端的に表しているセリフではないでしょうか!

5位「あいつも3年間がんばってきた男なんだ。侮ってはいけなかった」

試合を決定づけたのは、メガネ君こと木暮の3Pシュート!その瞬間メガネ君に対して陵南の田岡監督が言ったセリフです!

桜木を中心としたレギュラーメンバーに比べとても地味な存在ですが、誰もいない体育館で一人黙々とシュート練習をしていたりと、3年間努力を続けてきた結果が綾南戦の3Pシュートにギュッと凝縮されています!

とびぬけた才能がなくても、不断の努力があれば輝くことができるということを教えてくれる名言ですね!

まとめ

以上、私の思う前向きになれるスラムダンクの名言ランキングトップ5でした!

全31巻というそれほど長くないストーリーにも関わらず、数多くの名言や人生の格言を残した、世代を超えて愛される不朽の名作ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました